生活のルール
  1. 計画されたプログラムに沿って、団体のリーダーを中心に、みんなが協力しながら自主的に進めてください。また、スムーズな生活ができるよ うに班長・食事係・生活係等をつくってく ださい。
  2. 生活のすべてはセルフサービスです。利用する設備用具及び食事の準備、後片づけ、清掃などは各自又は団体が責任をもって行ってください。
  3. 入室の時には避難経路図を参考に非常口を必ず確認してください。
  4. 館内は禁煙となっております。喫煙は所定の場所で行ってください。
  5. 宿泊室は常に整理整頓につとめ、留守にするときには消灯してください。また、必要に応じて施錠をし、鍵は事務室に預けてください。 ※貴重品等はまとめて事務室で預かります。
  6. 海上又は、海岸での活動は、マナーを守り水難事故防止に注意してください。
  7. キャンプファイヤー・花火等の後始末、その他火気類の始末は確実に行い、火災 防止に協力してください。
  8. 設備、備品等を破損、損失した場合は、必ず事務室へ届けてください。状況によっては、実費弁償をお願いすることもあります。
  9. 入所中は節水、節電に協力してください。
  10. 外出の時間については、午前9時から午後5時までとします。
    ※ 上記以外の時間の外出については、事務室へご連絡ください。
シーツについて
 宿泊人数分のシーツをまとめてリネン室前(ロビー)に準備しますので団体側で貸出し及び返却をお願いします。
  1. スリーピングシーツの貸出し各部屋に係りを設け、夕食前後の自由時間を利用して、団体側で必要枚数を配布してください。
  2. スリーピングシーツの返却
    各部屋の係の人は、借りた枚数を確認のうえ、きれいに折りたたみ退所する日又は、交換する日の朝食前後(9:00まで)に元の場所に返却してください。
    なお、シーツの整頓、枚数の確認は団体側で行ってください。
  3. シーツの交換について
    連泊の団体につきましては、2泊(2回)連続して利用していただきますので、各自で保管してください。3日目に交換します。
寝具について
 各部屋の両サイドに押入れがあります。
 それぞれ敷布団、まくらと毛布、掛け布団が入っていますので、就寝準備の時間等に係の人を中心にみんなで協力して準備してください。
 また、後片付けについては、押入れの戸にそれぞれたたみ方等表示してありますので間違いのないように確認してください。
 センター職員のルームチェックの時にやり直しがないように、事前に団体のリーダーの方は各部屋の指導及び点検をお願いします。

ゴミの分別について
 当センターのある宮津市では環境等への配慮から、ゴミの分別を行っています。
 燃えるゴミ・プラスチック類・空き缶等、それぞれ違うゴミ袋で収集しておりますので、間違いのないように分別収集にご協力願います。
 ゴミ袋につきましては、事務室前にあります。